Investment prospectus

ガス・石油

ノーザンテリトリーのガス・石油産業は、今後ノーザンテリトリーおよびオーストラリア経済へ飛躍的に貢献すると期待される部門です。オーストラリア、そして特にアジア圏の戦略的パートナーへのエネルギー供給を保証するという重要な役割を担っています。

Oil / gas pipelineノーザンテリトリーは、国際的に重要視されているオフショアのエネルギー資源に近い戦略的な位置にあり、当準州が採掘可能なオフショアのガス埋蔵量は、30兆立法フィートを超えると見積もられています。また、陸上の在来型油田・ガス田も有しており、さらなるオンショア開発の可能性があります。

産業の現状

1985年、ノーザンテリトリーは中央オーストラリアで2つの小さなガス田を保有・生産するのみでした。アマデウスからダーウィンをつなぐ1673キロメートルのガスパイプラインが完成し、20年以上にわたりノーザンテリトリーの主要都市に発電用のガスが供給されています。

今日のノーザンテリトリーでは、ティモール海のオフショア石油・ガス層、および中央オーストラリアの在来型陸上石油・ガス層から石油とガスを生産しています。

ダーウィンは今では、全長2500キロメートルの陸上パイプラインと、全長600キロメートル以上の海底パイプラインを経由して、稼働中のボナパルト海盆(0.8兆立方フィート)、バユウンダン田(4兆立方フィート)、中央オーストラリアのガス田につながっています。さらにイクシスLNGプロジェクトにより890キロメートルのパイプラインが設置され、現在ダーウィンはブラウズ海盆の巨大なガス埋蔵域(30兆立方フィート以上)ともつながっています。

ノーザンテリトリーは、優れたプロジェクトを支えるのに必要な地域のインフラおよびノウハウを発展させてきました。

  • INPEX主体の370億米ドル規模「イクシスLNGプロジェクト」が現在最終段階。生産開始は2018年3月を目指し、40年間の操業を予定。年間890万トンの液化天然ガス、年間160万トンの液化天然ガス.、一日あたり約10万バレルのコンデンセート(ピーク時)が生産される見込み。
  • コノコフィリップス中心のダーウィンLNGプロジェクトでは、2006年2月に液化天然ガスを初出荷、以来500隻以上の船舶に積載・出荷。施設では、年間370万トンの液化天然ガスが生産可能、さらに今後1000万トンまで生産増加可能な環境許可取得済み。
  • BOCダーウィン・ヘリウムプラントは、世界に15あるヘリウムプラントのうちの1つで南半球唯一。オーストラリア国内の需要を完全に満たした上、全生産量の3分の2以上を輸出可能。
  • 建設コスト8億ドルのジェメナ北部ガスパイプラインが2018年までにノーザンテリトリーとオーストラリア東部のガス市場をつなぐ予定。

ダーウィンの海洋供給基地、チャールズ・ダーウィン大学のオーストラリア北部石油・天然ガス研究センター(NACOG)、シェル社のプレリュード洋上浮体式LNGプロジェクトを支えるオンショア施設、BOCダーウィン・ヘリウムプラント。ノーザンテリトリーはそれらを通し、サステイナブルで広域性のある石油・ガスセクターの基盤を築いています。さらに、これらのプロジェクトを支えるのに必要な供給・サービス産業はこれまで同様、成長と多様性を見せ続けています。

ノーザンテリトリーに投資するメリット

ノーザンテリトリー政府は、戦略的な介入、増え続ける投資への積極的サポート・促進と日々邁進しています。以下は、ノーザンテリトリーの石油・ガス部門の持つ可能性を現実化させるため同政府が実践している内容です。

  • 他州のガス貯蔵計画とは異なり、準州では国内用ガスの貯蔵はしないことを公表。場所にとらわれず顧客へのガスの供給を可能にする。
  • 充実したサービスおよび必要物資供給の基盤となり、海洋開発事業の設立および長期的操業をサポートするダーウィン海洋供給基地の建設に1億1000万ドル投資した。
  • 世界規模のプロジェクトを下支えする上で必要となる有益なインフラを開発し、専門的対応能力を高めた。
  • 現代社会における最高の事業展開を維持しつつ、新時代のテクノロジーに適応するため、石油・ガス産業に対する準州の堅固な規制体制をゆるぎなく監視している。
  • プロジェクト特有のニーズに対応する法案の可決を含む、主要プロジェクトの認可プロセスをスピード化し、事業遂行に確実性をもたらしている。
  • ノーザンテリトリーと東部のガス供給市場を結ぶ新設のガスパイプライン敷設に名乗りを挙げた民間企業の競争的な入札を開始。ノーザン・ガス・パイプライン(NGP)事業には国内外の多くの企業から関心が寄せられ、2015年後半にジェメナ社(Jemena)がNGP建設の契約を受注した。NGPは2018年までに完成予定となっている。

創出される機会-投資家の皆様へ

ノーザンテリトリーの石油・ガス部門の成長は止まることなく、現段階での将来的見通しは非常に明るいと言えます。近年の石油・ガス市場の変動を考慮しても、ノーザンテリトリーのガスを求める需要は長期的に伸び続けると見込まれるため、変動による影響は限定的であると言えます。

輸出用LNG

新規需要の大部分がアジア圏から生まれており、アジア市場への輸出が容易であるという事実は、ノーザンテリトリーを好立地にする重要な理由となっています。例えば、ダーウィンから東京までの海上輸送はたったの三千海里で、9日以下で完了します。これほどまで好条件を備えた立地は他に見つかりません。

ガス下流産業

長い間、ノーザンテリトリーの石油・ガス資源は、メタノール製造や、この地の大規模なリン酸塩鉱床、肥料生産に関連して生じる処理・製造業といった、ガスの下流産業に貢献してきました。

サービスおよび供給

ノーザンテリトリーの経済では、石油・ガス生産の地域的成長が、サービス部門での機会創出を生む構造が続いています。石油・ガス関連のサービス産業は、2006年のダーウィンでのLNGプロジェクトの始動から顕著に成長を続けており、イクシスLNG施設の建造においても始終、堅調な伸びを記録しています。

特設のダーウィン・マリン・サプライベースの建造が完了した今、ノーザンテリトリーは、ティモール海およびブラウズ海盆の至る所でプロジェクト遂行準備が整っており、その例として、新規のプレリュード洋上浮体式LNGプラントが挙げられます 。

準州政府が開発に対し建設的な姿勢をとってきたことが功を奏し、ガス田・油田に近いオーストラリア西部の候補地が存在するにも関わらず、 企業はダーウィンを供給や生産の拠点として選択してきた

オフショアのガス・石油探査および生産

Map of Northern Territory, Indian Ocean and Arafura Sea showing areas of petroleum and gas exploration; gas discovery, producing gas field and producing gas and oil field locations; gas pipeline and gas pipeline under construction.

Wish to get in touch?

Send us an email

investment@nt.gov.au

Or give us a call

+61 8 8999 5091