Investment prospectus

投資・事業の成功を共に目指す政府

ノーザンテリトリーは従来から漸進的で機敏、そして活発な政府により運営されています。地域開発に重点を置きインフラ向上を実現、さらに新規開発案件にも柔軟性を持って対応しています。

ノーザンテリトリーは、東南アジアとは切っても切れない関係にあり、古くからの文化的つながりを大切にしながらも積極的にこの近隣諸国の取り組みに加わり、長年日本、中国、インドネシア、東ティモール等と戦略的関係を構築してきました。

またノーザンテリトリー政府は、大胆で革新的なプロジェクトを短期で実現できる最高のパートナーで、熱心な投資家の皆様と共に協力し、新しい商業機会を創出しています。

さらに同政府は、これまでノーザンテリトリーの経済発展に全力を尽くしてきました。1970年代の新ホテル建設への戦略的投資は観光業に弾みをつけ、今では毎年130万人もの観光客がこの地を訪れています。2006年、同政府はダーウィンへ供給できる安定した非石炭エネルギー生成を支持し、ガスパイプライン事業を引き受けましたが、この戦略的介入は、石炭と比べガスは将来に向けた持続可能なエネルギー資源であるという結論に後押しされたものでした。

経済成長を重要視する積極的な政府

1978年にノーザンテリトリーが自治権を獲得して以降、経済成長に常に焦点が置かれ、この地が持つ天然資源や人材の可能性を引き出す投資パートナーの誘致に力を入れてきました。また同時に、それに伴った経済成長を促進すべく、政府は数多くのターンキー・プロジェクトに共同投資してきました。

今日、ノーザンテリトリー政府はその姿勢を保ち続け、この地に眠る経済的可能性を開花させることに力を注ぎ続けています。それは、意図せず投資の妨げとなっている規制事項の見極め、 投資先としての魅力増強のための政策修正、投資家と政府の意思決定過程の確実性強化などにも表れており、ノーザンテリトリーでは土地税はかからず、第三者が環境関連問題に対して抗議することはできない等、具体的な例でも証明されています。

また、特定のプロジェクトが公的利益に大きく貢献すると見込めば、政府が共同的投資に踏み込む場合や、プロジェクトの進行を加速するため促進に積極的に取り組む場合もあります。

さらに次の2例は、投資誘致の確固たる進展に向けた政府の積極的な姿勢を示す好例といえるでしょう。まず、政府は貯蔵したガスを国内市場用に蓄えなくて良いと決定したことで、事業関係者が製品に最適な市場を特定することが可能になりました。このような姿勢は、他州・準州政府とは明らかに異なり、投資家の皆様に最大限の利益を引き出していただけます。

次に、牧畜用地のリース保持者がそこでの事業を多様化させ、現賃貸契約の下で新たな収入を得やすいよう変更が加わったことです。多くの牧畜用地には、園芸業や林業に活かせる豊かな土壌と水資源、そしてユニークな観光事業の展開にぴったりの美しい景観や整った道路環境があるため、これが貴重な変更であることはいうまでもありません。 リース保持者の中には、既に薬用のケシを収穫し事業展開している方がいるほか、リース済みの牧畜用地での陸上水産養殖プロジェクト案も提出されています。このようなプロジェクトは、ノーザンテリトリーの地域経済のあり方を多様化させる上で重要な要素となっています。

機敏で協調的な政府

主要プロジェクト・インフラ・投資事務局 (Office of the Major Projects, Infrastructure and Investment) は、以下の基準を満たした主要プロジェクトの立ち上げ、調整、促進を行なう権限を有します。

  • 5000万ドル以上の価値
  • 資本金の拠出が政府、民間、またはその両方
  • 環境査定、土地保有権へのアクセス、開発計画などの複雑な承認条件
  • ノーザンテリトリーへの戦略的重要性と利益
  • 重要なインフラおよび投資条件
  • ノーザンテリトリー首相公認の案件

事務局の最も重要な役割は、主要プロジェクトのパイプラインを活発化することです。さらに同事務局は、ノーザンテリトリーに戦略的重要性と利益をもたらすプロジェクトを決定します。そこには、投資関連方針の作成、民間の投資家や事業支持者と協力しての主要プロジェクトの遂行促進等が含まれます。

またノーザンテリトリー政府各省も、投資家の皆様の円滑な事業展開とより多くの利益のため、綿密な連携のもと最大限のサポートを提供します。

InvestNTは、ノーザンテリトリーで事業展開を目指す投資家の皆様のための最初の政府連絡窓口です。

投資専門チームが以下の内容をサポートします。

  • 民間部門および政府での投資機会の特定
  • 地元経済、事業コスト、事業文化、規制、労働力、移民に関する情報提供
  • 投資専門家のご紹介
  • ニーズに合わせた視察プログラムの作成
  • 投資を最大限にする政府提供プログラムのご案内

InvestNTは貿易・ビジネス・革新省に属し、第一次産業・資源省、ノーザンテリトリー観光局、およびランド・ディベロップメント社 (Land Development Corporation) と密接な提携を結んでいます。

お問い合わせ
ウェブサイト:investnt.com.au
Eメール:investment@nt.gov.au
電話:+61 8 8999 5091

肉牛の生体輸出ケーススタディ

Cowboy mustering cattle as the sun rises

ノーザンテリトリーの牧畜業は、何十年もの間インドネシアへ肉用牛を輸出しています。また近年、ノーザンテリトリーの生体輸出市場2位にベトナムが浮上しています。

その他、カンボジア、タイ、フィリピンでも中産階級人口が増加し、肉の需要が増えたことから輸出の機会が創出されています。なお最新の動きでは、中国への家畜生体輸出の可能性が浮上しています。

2015年、ダーウィン港から輸出されたノーザンテリトリーの家畜は計48万8000頭で、これによりダーウィン港は世界最大の家畜生体の輸出港となっています。このうち、34万2000頭がインドネシアへ、10万頭がベトナムへ、そして2万4000頭がフィリピンへ向かいました。

オーストラリア北部の牧畜業の発展には海外からの投資が1世紀以上にわたり重要な役割を果たしてきました。そして今、牧畜用地リースに着目する海外の投資家の数は過去最高に達しています。

創造のプロセス-準州政府の貢献

ノーザンテリトリー政府は、新規市場の開拓に取り組み牧畜業を積極的にサポートし、牧場の改善、サステイナブルな環境の構築、農場管理・運営等、肉牛生産増加のための研究や技術的サポートを提供しています。

また、ノーザンテリトリーの肉牛を購入する海外顧客には、動物保護のためのオーストラリアの供給チェーン保証システムに必ず従うよう、政府が専門的サポートを提供しています。

ハンプティ・ドゥ・バラマンディケーススタディ

Barramundi

ハンプティ・ドゥ・バラマンディは、ノーザンテリトリーの地元民が所有および運営する事業です。過去24年間でオーストラリア最大の海水バラマンディの生産事業に成長し、オーストラリア最大のスーパーマーケット・食品雑貨チェーンであるコールズおよびウールワースの両社に製品を供給しています。

24年前の創業以来、ハンプティ・ドゥ・バラマンディでは、絶えず学びと革新を忘れず、池の新規開拓、新施設や新しい収穫用具の開発に投資してきました。その結果、現在国内消費用海水バラマンディ生産事業でオーストラリア一の存在となっています。

養殖場は遠隔地に位置するためバイオセキュリティのリスクも少なく安心です。さらにアデレードリバー氾濫原を拠点にしているため、清潔な海水が確約されています。ハンプティ・ドゥ・ バラマンディは、行き届いた環境管理、水の再生利用、さらには慎重な廃水処理において確固たる実績を積んでいます。

さらにダーウィンから車で1時間以内と、職員が必要なサービスや物資に容易にアクセスできる立地条件です。またダーウィン港への近さは、今後アジアへの事業拡大または輸出を検討していく際に、重要なポイントとなります。

創造のプロセス-準州政府の貢献

あまり成功例を見ない水産養殖業で、ハンプティ・ドゥ・バラマンディ事業は成功を収め、成長拡大の一途をたどっています。この成功は、事業主の方々のたゆまぬ努力、忍耐、柔軟性、革新への瞬発力、長期的な投資継続の上に成り立っています。

ノーザンテリトリー政府は長年にわたり、ハンプティ・ドゥ・バラマンディ事業において、孵化・養魚の専門技術を向上させるため、衛生保証された稚魚の供給や管理面での支援を含む研究開発を提供してきました。また、バイオセキュリティーの実施方法や、魚類の衛生管理にまつわる水産動物関連のアドバイスを同事業が受けられるようにする手配、そして、事業計画、環境許可、土地保有権の認可(政府保有地の販売を含む)といったプロセスにおいても、サポートを提供しています。

Wish to get in touch?

Send us an email

investment@nt.gov.au

Or give us a call

+61 8 8999 5091